CDが届いたけど聴けない不備

CDが届いたけど聴けない不備

先ほどポストを見たら、ネットで注文していたCDが届いていました。ゆうメールだったので、ポストに投函されて半日放置されていたいたようです。もっと早く気がついていれば早く聴くことができたのになぁ。

そんなことはさておき、さっそく届いたCDをパソコン内に取り込み、ウォークマンに転送しようと思ったのですが、ディスクをパソコンのドライブに挿入しても、読み込みません。そして思い出しました。「CDディスクドライブ壊れてたんだ」と。

先月、パソコンでDVDを再生しようとしたところ読み込まなかったんですよね。でも、特に急を要するほどの事態じゃなかったし、面倒だったので新しいドライブを買うことなく放置してしまっていたのです。

あの時すぐに対処して置けばよかったです。今の時間はもう夜11時。電気屋さんは閉まっています。折角CDが届いたのに、明日まで視聴はお預けです。

私が家で音楽を聴く時は、専らウォークマンからです。CDを使うのは、車で聴く時くらいです。なので、部屋にはCDプレイヤーって無いんですよね。

昔は、それなりのオーディオ機器を持ってましたが、パソコンで再生することが主体となり始めてから、不要に感じて捨ててしまいました。今では、音質にこだわらない限りは、パソコン再生で十分間に合いますから。ちょっと前はMDなんてのも使っていたので、オーディオ再生機器の需要はありましたが、それも今は滅多に使われませんからね。

MDの時代は短かった気がします。私は中学から高校にかけて一時期使用していましたが、IpodをはじめとするMP3プレイヤーが幅を利かせるようになってからはそちらに移行してしまいました。1つの機器にたくさん曲を詰め込められるというのは、凄く便利でしたから。これは携帯音楽機器の大革命でしたよね。

今ではMDやカセットテープはもちろん、CD自体で聴くことは本当に少なくなりました。販売の仕方もデータ販売というのも普及してきているくらいですからね。

ただ、今回のようなパソコンのトラブルでCDが一切聞けない状態ができてしまうと、かなり不備に感じてはしまいました。携帯用のコンパクトなCDウォークマンの1つくらいは買って置いても良いかもしれませんね。明日ディスクドライブのついでに買ってこようかと思います。

Iラインの脱毛

世間はエコ換えがブームのようで

今の時代、エコ換えがブームのようで、いたるものを買い換える人が増えています。車にはじまり、細かな日常生活品まで。

それは果たしてエコに対する使命感からなのか、それとも単にブームだからやってみたというだけなのか。私はエコ換え自体にあまり興味が無く、今使っているものを大切にという精神のほうが強いので、このブームに関しては良く分かりません。

ですが、エコ自体に関しては、興味が無いわけではありません。むしろ好意的に捉え、率先して取り組んでいます。先日も電球が切れたので、かねてより興味を抱いていたLED型の電球を買ってきました。ところが、この電球、大いに残念な商品でがっかりでした。

買って来たLED電球を装着したところ、明らかに光量が少ないのです。パッケージには、しっかりと白熱電球相当のワット数表示しているので、それが正しければ間違いないのでしょうが、試しに、その記載されているワット数の白熱電球を買って来て試したところ、LEDより全然明るかったです。

結局私は、LEDの電球は使わずに白熱電球を使用しました。確かにLEDによる節電効果は望めたのでしょうが、明るさを誤魔化していたというのは、がっかりというか、苛立ちを覚えましたよね。

私はそのLEDに関して特にそれ以上問いただしはしませんでしたが、最近のニュースで、表示法違反をしたLED電球が摘発されていました。その電球は。記載する光量の半分から3分の1程度しかなかったそうです。

私が購入した電球がそれと同じものかは分かりませんが、やはり同じように不満や疑問を抱いた消費者が連絡して処置となったようですね。こういうニュースを聞くと、本当に買い物に困ってしまうというものです。

もちろん、しっかりしたメーカーのLED電球も存在することでしょう。しかし、光量偽装のニュースが広まってしまえば、正規の品まで被害を被ってしまいます。残念なことです。

これが電球のような小物だったからいいですが、世の中にはあらゆる商品がエコ換えブームに乗っかろうと必死です。クルマや太陽光発電など、失敗したら「ま、いいか」で済ませないものもありますブームが悪いことではありませんが、エコ目的で詐欺に引っかからないように気をつけましょうね。

あと、エコ換えしたからといってそれまで使っていたものをポイと捨ててしまうのは、エコでは無いですよ。エコした気分で満足しているだけの、ただの“エゴ”です。