体に悪いけど美味しいファーストフード

体に悪いけど美味しいファーストフード

車で走っていると、どうしても目に付いて誘惑されてしまうお店があります。ファーストフード店です。特にハンバーガーショップ。マクドナルドにロッテリア、モスバーガー…… 全く憎いほどの魅力を醸し出し、私を誘惑してきます。今はダイエット中だというのに。本当に憎いです(笑)

ダイエット中ということで、脂質の多い食事は控えています。当然、ハンバーガーなんていう食べ物は厳禁中の厳禁です。ファーストフードのカロリーをチェックしたことがありますか? とんでもない数値ですよ。あんなものを毎日食べていたら、それは太ってしまうってものです。

私は大学4年の頃、就職活動を終えて残り僅かな学生生活をエンジョイしていました。あの頃は毎日のように友人と遊び、朝昼晩とファーストフードで済ませてしまうことも少なくありませんでした。そのせいで、元々痩せ型だったのが少しずつ太り始め、今では肥満気味にまで陥ってしまいました。

アメリカなんかは、ファーストフードと肥満の関係性はもっと深く、深刻な問題として考えられています。「おたくのハンバーガー食べてたから太ったじゃないか!」と訴えを起こしてしまう人がいるくらいですからね。しかもそれで勝訴してしまうとか。それはそれでなんというアメリカンドリームでしょう(笑)

サイズも日本の比じゃないそうですから、当然カロリーも半端ではなく、体に悪影響となるでしょう。よく言われているのが、日本のコーラLサイズが、アメリカだとSサイズ。これだけでも異常さが良く分かります。ただ、量が多くても値段が高いというわけではないので、その点はちょっと羨ましいです。

日本のサイズは、比較的小さめで良かったかも知れませんね。アメリカ人が日本に来てハンバーガー等を注文すると、小ささに嘆いてしまうようですよ。確かに本場と比べたら物足りないのは確かでしょう。

最近は話題呼びもかねてメガなんたらという商品がちらほらあらわれたりしますが、あれを日常的に食していたら間違いなく寿命を縮めることに直結しますね。

ファーストフードなんてのは体に悪いと分かりきっていることなので、もっと大っぴらに危険性を呼びかければ、肥満や病気の減少に繋がると思うのですけどね、なかなか難しいのでしょう。だって、ハンバーガーとか、ポテト。凄っごく美味しいんですもん。

レクサスCTレクサスRX

ガソリン代はまだまだふわふわ

ガソリンの値段がなかなか安定しませんねぇ。今のところ、私の住んでいる地域周辺は、レギュラーガソリン130~133円位が相場で、ハイオクは、プラス10円くらいです。つい1ヶ月前くらいは、レギュラーガソリンは140円台でした。

10円も短期間でころっと変わってしまうと、さすがに給油のタイミングも考えたくなってしまいます。まるで株価の上下を気にしているみたいでいやですね(笑) ガソリンぐらいドキドキしないで給油の度に満タンにしてやりたいです。

こんなちっちゃな価格上下でドキドキしている人間ですから、FXなんて手を出したら、一瞬で骨となってしまうことでしょう。友人の何人かは片手間の趣味として嗜んでいる方がおり、時々進められたりすることもありますが、絶対に手は出しません!

FXはともかく、ガソリンの話です。2011年のガソリン不足も私は大いに困りました。何しろ通勤の手段が1つそがれてしまった訳ですから。ですがおかげで、自転車を購入して会社まで乗っていくようになり、お腹の脂肪が落ちたわけですが(笑)

私の父は、ガソリン不足で私なんかよりももって被害を被りました。父は運送業を営んでいます。毎日トラックを運転して大量のガソリンを消費しています。ガソリンが無くては仕事ができないのです。

父の住む地域もガソリン不足の波が押し寄せたときは、2週間くらい仕事がまともにできなくなってしまったと言っていました。知り合いのガソリンスタンドに少しだけ分けてもらうことができなかったら、仕事は一切できなかったそうです。

仕事が無くなれば収入も減ってしまいますからね。震災が直接関わったわけではありませんが、その余波が影響して父のように仕事ができなくなってしまった人はたくさんいることでしょう。

震災によるガソリンの高騰に歯止めがかかるかと思われたら、今度は世界情勢が影響して燃料代がふわふわ。また160円台、170円台へと上がっていってしまわないか、心配です。

いっそのこともう、レギュラー200円くらいまで行ってしまえば、クルマに乗る人が減ってクリーンだ! なんて冗談交じりに思ってしまいますが、それだと、父のようにガソリンが欠かせない仕事をしている人にしてみたら、涙目となってしまいますよね。