ハロウィンのあとは

ハロウィンのあとは

ハロウィンの季節ですね。

一昔前はハロウィンと言ってもなんのこっちゃという感じでしたよね。

でも最近では街中もかぼちゃの飾り付けをしたり、期間限定のお菓子が出ていたりとかなり定着していますね。

昔通っていた英会話スクールでもハロウィンのパーティーなどがありました。

事務所などを回って「trick or treat」と言いながらお菓子をもらったものです。

当時は英会話スクールに行くのはあまり好きではなかったのですが、そういう行事の時は好きでした。

子供って単純で、何かをもらえるとかいうと嬉しくてそれで習い事に行くということもありました。

私が通っていたスクールでは、レッスンが終わるたびにシールをもらっていました。

そのシールをもらえるのが嬉しくて頑張っていたという側面もあります。

ピアノもそうでした。

3歳からエレクトーンを習っていたのですが、とにかく練習が嫌いでピアノに行くのが嫌でした。

でも練習に行くと先生が可愛いシールをくれるのです。

しかも種類がたくさんあって選ばしてくれます。

すごく楽しかったです。

息子ももうすぐ英会話に通い始めます。

歌がメインなので楽しめると思います。

まだ1歳なのであまり行きたくないとか言うことはないでしょうが、それでも何か通う原動力みたいなものがあればいいなと思います。

さて話をハロウィンに戻しますが、やはりハロウィンってなんだかワクワクします。

家でも窓にかぼちゃのシールを貼ったり、かぼちゃのお菓子を作ったりして楽しんでいます。

やはりこういうのを見ると日本人って八百万の神と昔から言うだけあって、異文化でもすぐに取り入れるしあまり排除しませんよね。

それがよいところでもあるのでしょう。

私個人としても、楽しめるものは楽しもうという考え方です。

ハロウィンが終わってしばらくするとクリスマスですね。

クリスマスも街にきれいなイルミネーションが飾りつけられたり、ツリーが出たりと楽しいですね。

昔はプレゼントが待ち遠しかったですが、親の立場になるとこれからはプレゼントする立場に変わるのでまたクリスマスのとらえ方がかわってくるかもしれないですね。

やめられない癖

皆さんにはやめたいけれどもやめられないクセというのはありませんか。

私の場合は食後のおやつと間食です。

それってクセなのと言われそうですが、完全にクセになってしまっています。

うちの台所にはお菓子コーナーがあって常に数種類のお菓子が置いてあります。

といっても、自分で買い足すということはあまりないです。

ほとんどがもらいものです。

夫が会社の人からもらってきたり、実家の母が送ってくれたりします。

もうちょっとでなくなりそうだし、これで買い足さなければやめられるという時に限って

送られてきます。

気にかけてもらってありがたいのですが、毎回毎回絶妙のタイミングです。

母にはうちにはお菓子がたくさんあるし、もうそんなに送らなくてもいいよというのですが、やはり離れて暮らす娘のことが心配なのでしょう。

母の勤めている和菓子屋の和菓子や、私が好きなメープルクッキーを送ってくれます。

そうなんです、和菓子ならまだカロリーもそんなに高くないので良いのですがメープルクッキーは…

でもあのメープルクッキーのにおいをかいでしまったら食べたいという欲を抑えることができません。

高校生の頃に友達のカナダ土産で一度もらってから今までずっとはまっています。

結構長いこと食べ続けているのですがやめられないんですよね。

クリームとクッキーのバランス。

なんだかこうやって思い出しながら書いているだけで、食べたくなって来ました。

明日買いに行こうかしら。

でも何よりも良くないのは夕食後のデザートだと思います。

夫の帰りが遅く、いつもだいたい21時過ぎです。

そこからお風呂に入って、その後夕食です。

なので食べるのは22時前です。

ただでさえ太りやすい時間帯です。

それに加えて、食後のデザート。

これで太らなければ人生バラ色です。

でも人生そうは甘くないのです。

必ず結果には理由があります。

そんな時間に食べるから太るのです。

でもそれが1日の楽しみの一つになっていてなかなかやめられません。

やはり一度強い意志を持って、家からお菓子をすべてなくさなければこのクセはやめられそうにないですね